サイトを作ってみる

インターネット

インターネットには大変お世話になっております。

色々サイトがたくさんの情報を発信してくれていて、この情報を高速に検索できるのは便利すぎます。

もうなくては生きて行けないくらいのインターネットですが、情報をもらってばかりではなく発信することで、どこかの誰かの役にたてばいいなとちょっと思いましたので、・・・飽きるまでやってみます。

oretopia.net

サイトの名前は「oretopia.net」にしました。

理由はナイショですが、バスク語で眼精疲労とのことです。

バスク語は、スペインとフランスにまたがるバスク地方を中心に分布する孤立した言語で、おもにバスク人によって話されている。 ・・・との事ですが、関係はありません。

CORESERVER

あまり評判の良くないCORESERVERを使ってみます。

サポートが悪いとか、value-serverと変わらないのに高いとか書いてあるのを見ますね。

でもそれは昔の話で、CORE-MINIプランでもALL SSDで転送量無制限で月215円(年間2571円)とかなりお得です。

レンタルサーバは今まであまり使ったことないので比較はできませんが、サポートがクソというか、サポートがクソみたいに思えるサイト(会社)の構成がいまいちなのかなと。この辺りはあとで詳しく書いてみようかと・・・

Python3/Bottleでサイト構築

今はWordPressのサイトが多いですね。情報を発するというところに特化すると便利なツールです。

WordPressはよそで一回使ったことありますが、そのまま使っても面白くないし、 Pythonをかじっているいる途中なので、軽量フレームワークと言われているBottleを使って実装してみることにします。