サイトを作る上での引用とか転載とかについて

旧geocities

旧ジオシティーズ(ストリート+番地制)のTOP画面を全キャプチャしました。これを見やすい形に加工して配布しようと考えたのですが、日本には著作権法というものがありますね。サイトを運営するのであれば知ってなければならない知識であるはずなので調べました。

著作権

まずは公式っぽいところから見てみます。

著作物が自由に使える場合は?(公益社団法人著作情報センター)

・・・うん、長い、酒を飲みながら見るとこではなかったです。頭が元気な時にまた見よう。・・・と思いましたが、ざっと見た感じ「引用」だけ気にしておけばよさそうです。設計書とか検討書で論文を引用するときに、出典とか書きますが、あれと同じっぽいです。・・・あれと言われてもわからないか?

引用、出典、参考、盗用、パクリ、オマージュ、インスパイア・・・著作権に関係しそうな単語はいろいろ思い浮かびますが、説明求められた場合に私はちゃんと説明できので、これを期に覚えます。

引用

引用を正しく行うために、引用を定めた法律を見てみます。

引用

第三十二条 公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。

2 国若しくは地方公共団体の機関、独立行政法人又は地方独立行政法人が一般に周知させることを目的として作成し、その著作の名義の下に公表する広報資料、調査統計資料、報告書その他これらに類する著作物は、説明の材料として新聞紙、雑誌その他の刊行物に転載することができる。ただし、これを禁止する旨の表示がある場合は、この限りでない。

著作権法(公益社団法人著作情報センター)より引用

なんかフワフワした印象の文ですね。「その他」とか「正当な範囲」とか「類する」とかが使われているからでしょうか。お客さんにこんな文書提出したらたぶん怒られます。

フワフワ感はさておき、私のサイトでは「2」の部分は扱わないので忘れます。

残った部分を考えますが、「公表された著作物」はGoogle先生に聞いて出てきたものは、これに該当すると思って間違いないでしょう。これは引用可能です。

引用可能な物を引用するには「公正な慣行に合致する」必要があるとの事ですが、さっぱり意味が分かりません。

また、「その他引用の目的上正当な範囲内」で行われる必要あるとの事です・・・が、その他とか正当な範囲ってなんだよっ!て思うのは私だけではないと思います。

著作物が自由に使える場合は?のページに引用についてのQ&Aがありました。以下引用です。

Q. 他人の著作物を引用するときの注意点を教えてください。また、出所の明示はどのようにすればよいのですか?

A. 「引用」とは、例えば論文執筆の際、自説を補強するため、他人の論文の一部分をひいてきたりするなどして、自分の著作物の中に他人の著作物を利用することをいいます。この場合、著作権者の許諾なしにその著作物を利用することができますが、「引用」といえるためには、「引用の目的上正当な範囲内」で行われるものであり、また、引用される部分が「従」で自ら作成する著作物が「主」であるように内容的な主従関係がなければなりません。さらに、かぎ括弧を付けるなどして引用文であることが明確に区分される必要があります。

なお、引用の際の出所の明示の仕方ですが、引用部分を明確にした上で、その後に誰のどの著作物であるかを表示するなど、少なくとも引用された著作物の題号や著作者名が明らかにわかるような表示が必要です。


このQ&Aの「主」「従」の部分が「公正な慣行に合致する」に対応する部分なのでしょうか?「正当な範囲内」もわからないままです。・・と言うより、なんだか訳がわからなくなってきました。

引用、参考、出典

引用、参考、出典についてGoogle先生に聞いてみたところ、すごくわかりやすく説明しているところがありました。

【引用】もとの著作物などからそのまま使うこと

【参考】もとの著作物などの内容を要約して使うこと

【出典】引用または参考にした著作物そのもののこと

「「引用」「出典」「参考」の違いと使い分け、書き方のルール(言葉の救急箱)」から引用

わかりやすくていいですね。

「引用」についても説明があります。「正当な範囲内」を「引用する必然性がある」としているようです。これもわかりやすく、原文をこれに変えてほしいくらいです。ただ「正当な範囲内」の説明にある「引用しなければ文章が成り立たない場合」は原文との関係がわからず、ちょっと違うかなと思いました。「引用」は利用することができるのであって、「「引用」しなくては成り立たない文章」もあまりイメージできません。

盗用、パクリ、オマージュ、インスパイアは以下が参考になりました。

【コラム】パロディ、オマージュ、パクリ、インスパイア......著作権侵害の線引きは?(LEGAL NET)

旧geocitiesのトップページまとめを配布するには

「旧geocitiesの廃虚っぷりをまとめて閲覧できるという目的で、TOPページ画像を結合した画像を作成する」とした場合で考えてみます。

「廃虚っぷりをまとめて閲覧できる」が「正当な範囲」です。画像を結合する部分が「公正な慣行に合致」として扱えないかなと考えました。まとめサイトとか検索エンジンも似たようなものですし、「公正な慣行」として扱えるのでは?

検索エンジンと著作権

Google先生に聞いてみたら意外な展開になりました。日本製の検索エンジンてなんでないんだろう?と思っていたら、そこに著作権法が絡んできたようです。確かに検索するにはサーバ側にコピーが必要です。ブラウザ等のキャッシュもコピーとして扱われた場合はとみなさん著作権法違反ですね。恐ろしい。

これはさすがに法改正があって今は問題ないようです。

まとめサイトと著作権

まとめサイトと著作権でググった結果、参考になったのは以下のページです。

ネットに氾濫するまとめサイト…これって著作権侵害じゃないの?(シェアしたくなる法律相談所)

まとめサイト」は法的にグレーな存在? 弁護士が「著作権」の問題点をくわしく解説(弁護士ドットコム)

【まとめサイトの画像転載は違法?合法?】著作権のプロに聞く「コンテンツの守り方と使い方」(リクナビNEXTジャーナル)

まとめ方によっては違法という感じではないですが、合法といった感じでもありません。

旧geocitiesのトップページまとめを配布するのはあきらめる

まとめサイトの著作権問題を見ていると、個人でこのようなことをやるのはメリットは特にないし、リスクは残ってしまうのでやらない方がいいですね。

よく考えたらトップページしかないところもあるし、この場合は、「引用」ではなく「転載」にあたりそうな気もします。

旧geocitiesは見てると結構面白いのですが、あきらめます。50年たったら著作権切れそうなので、その時にやりますかね。データが残ってたら。